Pocket

外部から社内のデータにアクセスしたい。

しかも通常のエクスプローラーのように、PCのフォルダを開くようにアクセスしたい。

といった要望をよくいただきます。

たくさん方法はありますが、今回はQNAPのNASでmyQNAPcloud Connectを使いPPTPでVPN接続する方法をご紹介したいと思います。

 

myQNAPcloudに登録し、NASに設定しPPTPを使えるようにする

何はともあれ、まずmyqnapcloudのアカウントを作成しましょう。

myQNAPcloud

「今すぐサインアップから」必要事項を入力し、アカウントを作成します。

アカウントが作成できたら本体に設定します。

管理画面を開いて、myQNAPcloudのアプリよりアカウントを設定しましょう。

次に、VPNサービスを利用できるようにします。

App Center より、「QVPN Service」をインストール。各機能を有効化します。

ルーターの設定をする

このルーターの設定が今回のポイントです。

自動設定だけだと、エラーが出てしまう場合がほとんどです。

ポイントは以下の通り。

  • ルーターがWAN側からのGREプロトコルを通過させる設定が可能なのか
  • NASに固定IPを設定する。(コントロールパネル > ネットワーク のTCP/IPタブにて設定可能。例:192.168.1.150)
  • ポートフォワーディング(静的IPマスカレード)に以下の設定をする。
    • LAN側のホスト:NASのIP(例:192.168.1.150)
      プロトコル:TCP/IP
      ポート番号:1723(PPTP)
      優先度:小さい数字が優先
    • LAN側のホスト:NASのIP(例:192.168.1.150)
      プロトコル:GRE(47)
      ポート番号:*
      優先度:小さい数字が優先

上記を設定します。

YAMAHA RTX810設定結果画面

設定が完了したら、NAS管理画面で確認します。

上の図のようになっていれば、大丈夫でしょう。

myQNAPcloud connectをインストールし、接続設定する

QNAPユーティリティアプリのmyQNAPcloud Connectを下記よりインストールします。

QNAPユーティリティ

※windows版しかありません。また、Appleはpptpを推奨していないようで、myQNAPcloud Connectでiphoneのテザリングを使用するとエラーになってしまいます。

インストールが終わったらソフトを起動し、NASを追加します。

VPNに名前を付ける 任意の名前
サーバーアドレス My DDNSのアドレス
ユーザー名: 接続を許可しているユーザー名
※接続許可はQVPN Serviceの権限設定
パスワード: QNAPに設定している上記ユーザーのパスワード

上記で設定完了です。

接続します。

つながったら、「File Explorer」をクリックするとwindowsでフォルダを見ているように閲覧できます。

これでPPTPによる一連の設定は完了です。お疲れ様でした。

Pocket