初心者でもできる!WordPressのサーバー移行手順

こんにちは、横山です。

Webデザイナーとしては、まだまだ駆け出しの横山。今回初めてWordPressのサーバー移行を行なったので、備忘録として方法を掲載させていただきます。

全体の流れ

 今回は自社ポータルサイト(WordPress)をCPIで運用していましたが、コンテンツの充実にあたって、無料SSLサービスの備わったエックスサーバーに移行させようということになりました。ざっくりとした流れは以下の通りです。

  • 移行先サーバー上にドメインを追加
  • 移行先サーバー上にWordPressをインストール
  • 移行元サーバー上のWordPressデータをダウンロード(All-in-One WP Migration使用)
  • 移行先サーバー上のWordPressに「3」をインポート(All-in-One WP Migration使用)
  • ドメイン管理サービスの管理画面にて「ネームサーバー設定」を変更  

それでは、各工程を詳細に説明していきます。

1. 移行先サーバー上にドメインを追加

 今回は移行先サーバーはエックスサーバーなので、その管理画面にログインします。サーバーを複数保有している場合は、移行先としたいサーバーの「サーバー管理」をクリック。「ドメイン設定」をクリックします。遷移先画面にて「ドメイン設定追加」タブを選択し、任意のドメインを追加します。
※今回はドメイン名を変えずに移行させたいので、移行元で使用しているドメイン名と同じものを追加します。

ここで指定するドメイン名直下にWordPressをインストールすることとなります。移行元サーバーと同じ場所にインストールできるよう、ドメイン名を指定しましょう。例えば、移行元サーバーで「http://example.com/system」のように「system」フォルダにインストールしている場合は、ドメイン名を「http://example.com/system」としてください。

2. 移行先サーバー上にWordPressをインストール

 「手順1」で追加したドメインにWordPressをインストールします。方法はとても簡単!左メニューの「WordPress簡単インストール」をクリックします。ドメイン選択画面で「手順1」で追加したドメインを選択。「WordPressインストール」タブを開きます。

WordPress簡単インストール
WordPressインストール

 諸々入力する画面となりますが、今回はAll-in-One WP Migrationを使ってデータを丸っと移行させるので、データインポートの時点(手順4)で、ここで入力する情報は上書きされることになります。とはいえ何か入力しなければ先に進めないので、任意の情報を入力していきましょう。入力を終えたら確認画面へ。インストールを開始します。

3. 移行元サーバー上のWordPressデータをダウンロード
(All-in-One WP Migration使用)

 All-in-One WP Migrationとは、WordPressを簡単に移行(引っ越し)できるプラグインのこと。本当に簡単にデータをエクスポート/インポートすることができます。しかも無料で使えちゃう!このプラグインを使って移行元サーバーのデータをダウンロードしていきましょう。

 まず、All-in-One WP Migrationのプラグインを入れていなければ、WordPress上のプラグイン管理画面で新規追加してください。追加・有効化すると左メニューにAll-in-One WP Migrationが表れます。データをダウンロードするには、All-in-One WP Migration>エクスポートを選択し、ファイルとしてPCローカルに保存します。

 ここで注意したいのは、無料のAll-in-One WP Migrationでは64MBを超過するファイルは扱えません。記事数の多いサイトを移行する時など、この容量を超過することも多いかと思います。そんな時使えるのが、All-in-One WP Migration Unlimited Extensionです!こちらの使い方などについては「データ移行を容量無制限に「All-in-One WP Migration Unlimited Extension」」の記事でご紹介しているので、そちらをご参照ください。

4. 移行先サーバー上のWordPressにデータをインポート
(All-in-One WP Migration使用)

 現状、移行先サーバーには「WordPress簡単インストール」でインストールした(手順2)、空のWordPressが入っている状態です。ここに、「手順3」でダウンロードしたWordPressデータをインポートしていきましょう。

 ここで一つ問題なのが、現行サイトとドメインが同じため、WordPress管理画面を開くと、移行元側の管理画面が開いてしまい、移行先の管理画面にアクセスすることができません。そこで、PC内のhostsファイルを編集してアクセスを行うのですが、その方法については以下のページで分かりやすく紹介されていましたので、ご参照ください。(※Macでの方法の記事になります。)
hostsファイルの設定方法(Mac)

 WordPressデータのインポートについては至って簡単。「手順3」と同様に、All-in-One WP Migrationを使って今度は「インポート」を選択し、データをアップロードしてください。これで、移行先のWordPressが公開できる状態になりました。

5. ドメイン管理サービスの管理画面にて「ネームサーバー設定」を変更

 ネームサーバーとは、ドメイン名とIPアドレスの紐付けを行なってくれるサーバーのこと。もっと噛み砕いて言うと、例えば、example.comを見たいとアクセスがあった際に、表示させたいデータが存在するサーバーを教えてくれるもののことです。ざっくりとした仕組みについては、以下図の通り。

 上の図にもあるように、ドメイン管理サービスの管理画面では、「example.comへのアクセスが来たらネームサーバーAに聞く」というような記載があり、それを「ネームサーバーBに聞く」と書き換えることで、移行先サーバー上のサイトが表示されるようになります。

 ネームサーバー設定の変更方法については、ドメイン管理会社によって異なるため、各社の指定する方法で変更してください。

 

この記事を書いた人

横山春菜

ドットワンwebデザイナーの横山です。1990年生まれ。一児(男の子)の母。海外・言語・お笑い・映画好き。某大学にて留学生・学生の言語学習支援に従事し出産を機に退職。仕事で携わったweb制作やチラシ制作に興味を持ち、子育ての合間に独学ののちオンラインスクールにてデザインを勉強。顧客としてweb制作会社と携わっていた経験を活かし、お客様の立場に立ち、web制作でお客様の「やりたいこと」を形にします。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ、ネットショップの集客方法から、IT機器や、顧客管理、採用に関することまでご相談ください。
WEBマーケティングのノウハウを生かして、お客様のお悩みを解決します。