2分で完了!マルウェアEmotetの感染有無確認ツール「EmoCheck」の使い方

こんにちわ、@taichi_kimuraです。

マルウェアEmotet(エモテット)が猛威を奮っています。

弊社でも多数のお客様よりマルウェアEmotet(エモテット)感染に関して多数の相談を受けております。

マルウェアEmotet(エモテット)に感染しているのか、感染していないのか素早く確認したい方は、JPCERT/CC(一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター)が提供している「EmoCheck」がお勧めです。

「EmoCheck」の使い方

手順に従えば非常に簡単です。

1:Emocheckのダウンロードページに行く

Emotet感染有無確認ツールEmoCheck(エモチェック)
https://github.com/JPCERTCC/EmoCheck/releases

上記のページにアクセスします。

このページからのリンクが不安な方は、下記のページよりリンクをたどってください。

マルウェアEmotetの感染再拡大に関する注意喚起 (jpcert.or.jp)

2:OSの環境に合わせてEmoCheck(エモチェック)をダウンロード

64bitのWindowsを利用している場合は『emocheck_x64.exe』、32bitのWindowsを利用している場合は『emocheck_x86.exe』のEmocheckをダウンロードします。

殆どの場合、emocheck_x64.exeです。

OSのbit数(ビット数)がわからない場合

スタートボタン(Windowsマーク)を右クリックして、[システム]をクリックすると、詳細情報が表示されるので、その画面内のシステムの種類の項目に記載されています。

3:EmoCheck(エモチェック)を実行する

ダウンロードしたEmoCheck(エモチェック)をダブルクリックして実行します。

ファイル名は64bitOSの場合、「emocheck_v2.0_x64」となっています。

4:チェック完了

実行後しばらく待つと、検出結果が表示されます。

陰性の画面

上記の画面は陰性の画面です。

マルウェアEmotet(エモテット)に感染していない場合は、以下を参考に対策してください。

【最恐ウイルス】Emotet(エモテット)からデータを守るための誰でもできる対策 – ドットワン合同会社 (dot1.tv)

マルウェアEmotet(エモテット)感染してしまった場合

感染してしまった場合の対応については、JPCERTにてFAQを用意しております。

マルウエアEmotetへの対応FAQ

https://blogs.jpcert.or.jp/ja/2019/12/emotetfaq.html

もちろん、弊社でも有償にて対応サービスを行っております。

FAQを見ながら対応するのが難しいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

ご相談はもちろん無料です。

この記事を書いた人

木村 太一

ドットワンの代表です。1979年生まれ。3女の父。ゴルフと筋トレが趣味。立川にあるキヤノン代理店に就職後、1万件以上飛び込み営業したのち独立。たくさんの企業を見てきた経験と自分自身も零細企業の経営者ということを活かし、相手の立場に立ったDX推進、ITコンサルを行っております。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ、ネットショップの集客方法から、IT機器や、顧客管理、採用に関することまでご相談ください。
WEBマーケティングのノウハウを生かして、お客様のお悩みを解決します。