QNAPのNASでmyQNAPcloud Connectを使いPPTPでVPN接続する際の手順と注意点

外部から社内のデータにアクセスしたい。

しかも通常のエクスプローラーのように、PCのフォルダを開くようにアクセスしたい。

といった要望をよくいただきます。

たくさん方法はありますが、今回はQNAPのNASでmyQNAPcloud Connectを使いPPTPでVPN接続する方法をご紹介したいと思います。

myQNAPcloudに登録し、NASに設定しPPTPを使えるようにする

何はともあれ、まずmyqnapcloudのアカウントを作成しましょう。

「今すぐサインアップから」必要事項を入力し、アカウントを作成します。

アカウントが作成できたら本体に設定します。

QNAP NAS管理画面よりmyQNAPcloudアカウントを設定

QNAP nasの管理画面を開いて、myQNAPcloudのアプリよりアカウントを設定

QVPN Serviceを有効化

次に、VPNサービスを利用できるようにします。

App Center より、「QVPN Service」をインストール。各機能を有効化します。

App Center より、「QVPN Service」をインストール。各機能を有効化します。

ルーターの設定をする

このルーターの設定が今回のポイントです。

自動設定だけだと、エラーが出てしまう場合がほとんどです。

ルーター設定のポイント

  • ルーターがWAN側からのGREプロトコルを通過させる設定が可能なのか
  • NASに固定IPを設定する。(コントロールパネル > ネットワーク のTCP/IPタブにて設定可能。例:192.168.1.150)
  • ポートフォワーディング(静的IPマスカレード)に以下の設定をする。
    • LAN側のホスト:NASのIP(例:192.168.1.150)
      プロトコル:TCP/IP
      ポート番号:1723(PPTP)
      優先度:小さい数字が優先
    • LAN側のホスト:NASのIP(例:192.168.1.150)
      プロトコル:GRE(47)
      ポート番号:*
      優先度:小さい数字が優先

上記を設定します。

YAMAHA RTX810設定結果画面

設定が完了したら、NAS管理画面で確認します。

QNAPのルーター設定。ステータスの状況確認。

myQNAPcloud Connectをインストールして接続設定をする

QNAPユーティリティアプリのmyQNAPcloud Connectを下記よりインストールします。

QNAPユーティリティ

※windows版しかありません。また、Appleはpptpを推奨していないようで、myQNAPcloud Connectでiphoneのテザリングを使用するとエラーになってしまいます。

インストールが終わったらソフトを起動し、NASを追加します。

VPN接続の設定

VPNに名前を付ける任意の名前
サーバーアドレスMy DDNSのアドレス
ユーザー名:接続を許可しているユーザー名
※接続許可はQVPN Serviceの権限設定
パスワード:QNAPに設定している上記ユーザーのパスワード

設定が完了したら、接続テストをしてみます。

myQNAPcloudConnectを使用したPPTPによるVPN接続
myQNAPcloudConnectを使用したPPTPによるVPN接続

接続できたら、「File Explorer」をクリックするとwindowsでフォルダを見ているように閲覧できます。

これでPPTPによる一連の設定は完了です。

お疲れさまでした

参考サイト

この記事を書いた人

木村 太一

ドットワンの代表です。1979年生まれ。3女の父。ゴルフと筋トレが趣味。立川にあるキヤノン代理店に就職後、1万件以上飛び込み営業したのち独立。たくさんの企業を見てきた経験と自分自身も零細企業の経営者ということを活かし、相手の立場に立ったITコンサルを行っております。