【イラレデータ雛形つき】Facebookのカバー写真、ビデオのサイズやセットアップ方法

こんにちわ、@taichi_kimuraです。

個人のFacebookはゆるくやっていたのですが、ビジネス用でFacebookを活用してなかったので、本腰を入れて仕事にFacebookを活用していきたいと思います。

ビジネスアカウントは作成してあるので、まずはカバー画像を設定してみたいと思います。

Facebookのカバー写真、ビデオのサイズ

Facebookのカバー画像はアクセスしてくれた人に、ひと目でイメージを伝える事ができます。

今回はFacebookのカバービデオにしてみました。

Facebookのカバー画像のサイズは少しずつ変わっているようですが、本記事の執筆時の状況を図にしてみました。

Facebookのカバー画像、ビデオのサイズ

閲覧するデバイスによって、表示されるエリアが異なるのでロゴやメッセージなど重要な情報は「SafeZone」の部分に記載しましょう。

上記の画像の元データをダウンロードできます。

カバー画像についてのFacebook公式サイトの記載は以下の通り。

Facebookページのプロフィール写真やカバー写真のサイズはどのくらいですか。

ページのプロフィール写真:

  • コンピューターでは170×170ピクセル、スマートフォンでは128×128ピクセル、ほとんどのフィーチャーフォンでは36×36ピクセルの大きさでページに表示されます。

ページのカバー写真:

  • コンピューターでは幅820ピクセルx高さ312ピクセル、スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセルの大きさでページに表示されます。
  • 元のサイズは少なくとも幅400ピクセルx高さ150ピクセルである必要があります。
  • 幅851ピクセルx高さ315ピクセルで、100キロバイト未満のsRGB JPGファイルだと読み込み時間が短くなります。

ロゴやテキストを含むプロフィール写真やカバー写真には、PNGファイルを使用すると、より良い結果を得ることができます。ページのプロフィール写真は、広告や投稿では円形にトリミングされますが、ページにアクセスした人には同じ正方形のまま表示されます。ページのプロフィール写真がトリミングされるとどうなるかをプレビューするには、以下の例をご覧ください。

参照:https://www.facebook.com/help/125379114252045

わかりづらいですね・・。

Facebookのカバー写真、ビデオのファイルサイズ

Facebookカバー写真やビデオのファイルサイズは指定されていませんが、サイト全体で1.75GB未満である必要があります。閲覧速度が遅いユーザーでも素早く画像やビデオが表示できるように、ファイルサイズは大きすぎないようにすることをお勧めします。

Facebookのカバービデオのファイルフォーマット

カバー写真の場合はjpgかpngで問題ないでしょう。

ビデオの場合、Facebookが推奨するフォーマットはMP4またはMOVです。その他以下のに記載されている動画フォーマットをアップロードできます。

Facebookがサポートする動画ファイルフォーマット

Facebookのカバー写真、ビデオの設定方法

設定方法は至って簡単です。自社のページを表示して、カバー写真スペースの左上にあるカメラマークをクリックして、作成した画像をアップロードしましょう。

Facebookのカバー写真、ビデオの設定方法

Facebookのカバー写真、ビデオの設定に使えそうなツール

Facebookのカバービデオを創る上で、参考にさせてもらったサイトがこちら

Biteableというサービスで、簡単にFacebookカバービデオが作れるようです。

当社はAdobeのPremiereを使ったので、こちらのサービスにはお世話になっていませんが、機会があったら使用してみたいと思います。

Facebookでのマーケティング、頑張りましょう。

この記事を書いた人

木村 太一

ドットワンの代表です。1979年生まれ。3女の父。ゴルフと筋トレが趣味。立川にあるキヤノン代理店に就職後、1万件以上飛び込み営業したのち独立。たくさんの企業を見てきた経験と自分自身も零細企業の経営者ということを活かし、相手の立場に立ったITコンサルを行っております。