Windows 10へ無償アップグレードする方法

Windows 10へ 無償アップグレードする方法

こんにちわ、@taichi_kimuraです。

Windows7のサポートが2020年1月14日で終了してしまうことになりました。

使えなくなるわけではないのですが、各種ソフトウェアも同様にwindows7をサポートしなくなるので、終了前までにアップグレードや入替を行いたいところです。

さて、2016年に無償アップグレード終了とアナウンスされましたが、それはWindows Update経由のアップグレードで、ツールを使ったwindows10へのアップグレードは、まだ無料で行うことができます。

Windows 10への無償アップグレードするための事前確認

Windowsのライセンス

アップグレードできるのはライセンス認証されたwindows7以降のパソコンです。コントロールパネルの「システム」でライセンス認証の状態をチェックしておきましょう。まあ、通常購入したパソコンであれば、ほぼ問題ないかと思います。

使用しているアプリケーション

これが一番問題になるかもしれません。

WordやExcel、Windows Live mailなどはそのまま移行できますが、特殊なアプリ(ソフトウェア)は不具合を生じる場合があるので、業務で使用してるソフトウェアがある場合は、発売元に確認しましょう。

データはそのまま引き継がれる

ドキュメントやピクチャなどのフォルダにあるデータはそのまま移行するよう選択できます。

しかしトラブルが起きかねないので、念のためバックアップを取っておきましょう。

スペックの確認

一応システム要件がありますが、windows7で購入していれば、ほとんどのPCでクリアできていると思います。

Windows 10へアップグレードする

事前の準備ができたら、いよいよアップグレード作業です。

下記ページからWindows10をアップグレードできます。

手順に沿って作業を進めれば難しくはないです。

キチンと注意事項を読みましょう。

この記事を書いた人

木村 太一

ドットワンの代表です。