インターネットを使った集客の基本

2022-07-27 09:00 配信

おはようございます。
木村太一です。

先日のメルマガではタイトルが前々回のままになっており、
大変失礼いたしました。
以後このようなことが再発せぬよう、細心の注意を払ってまいります。

さて、昨日ダイレクトマーケティングが得意な企業のセミナーを受講しました。

インターネットを使って集客するためのセミナーなのですが、その方法を簡単に共有させていただきます。

ステップ:1
広告費をかけても短期で回収できる仕組みのビジネスを作る。

インターネットでもリアルな世界でも、集客に広告は必須。
広告のたびにかけた広告費以上に儲けることは、非常に難易度が高い。
なので、見込み客獲得に的を絞って広告を出して、集まった見込み客に対して、
販売するような2ステップの販売方法がベター。

広告にはある程度の費用がかかるので、広告費をできれば3ヶ月以内に回収できる仕組みをつくるの良い。

ステップ:2
成約率の高いLPを作成する。

LPとはランディングページと言われるもので、広告をクリックした先に表示されるウェブページのことです。
目的をお問い合わせや資料請求、購入などのアクションを得ることを目的としたページです。
広告で100人集めて、10人購入するのと、2人しか購入しないのでは、
成果が大きく違います。

なるべく成約率が高くなるように、LPを設計します。

ステップ:3
アクセスを集める。

ここで広告を使います。
無料のSNSやブログが良いのでは?という意見もありますが、
時間と労力、集まる属性を考えると広告のほうが手っ取り早いです。
実際に弊社のサイトは毎日3000人ほどアクセスがありますが、
問い合わせはほとんどありません。

パソコンのノウハウが提供されているので、それを読みにアクセスは集まりますが、目的が情報収集なのでそれ以上に進みません。

ですので、広告で商品やサービスを求めている人、より詳しく情報を知りたいと思っている人を探したほうが早いです。

まとめると、
1:広告費をすぐに回収できる仕組みをつくる
2:成約率の高いLPをつくる
3:広告でアクセスを集める
 以上です。

採用も似たようなものですね
1:入社したら一人前に育つような仕組みをつくる
2:たくさん応募してくれる採用LPを作る
3:求人媒体やindeedなどの求人検索媒体からアクセスを集める

いかがでしょうか?
簡単に説明はできますが、簡単に実施できるわけではありません。
試行錯誤しないと駄目なのは言うまでもありません。

弊社も自社で試しおり、効果が出ているもの、
そうでないものとノウハウが溜まってきております。

今後は、その結果も共有させていただきたいと思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□

おすすめ書籍

うまくチームが動かないと思ったら気軽に読んでみてください。
感情ではなく数字で管理、おすすめです。
ーー
「リーダーの仮面 ーー 「いちプレーヤー」から「マネジャー」に頭を切り替える思考法」
https://amzn.to/3MuyFSD

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

◎メルマガの感想・お問い合わせはこちら
info@dotone.biz

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

ドットワンではメルマガの他に、紙のニュースレターも発行しております
是非御覧ください。(こちらは別途ユーザー登録が必要です。)
https://dot1.tv/dtnl-backnumber/

—————————————————–
【ドットワン発行のニュースレター】
https://dot1.tv/dtnl-backnumber/

このメールは木村太一が発行する週刊メールマガジンです。

この記事を書いた人

木村 太一

ドットワンの代表です。1979年生まれ。3女の父。ゴルフと筋トレが趣味。立川にあるキヤノン代理店に就職後、1万件以上飛び込み営業したのち独立。たくさんの企業を見てきた経験と自分自身も零細企業の経営者ということを活かし、相手の立場に立ったDX推進、ITコンサルを行っております。

お気軽にお問い合わせください

ホームページ、ネットショップの集客方法から、IT機器や、顧客管理、採用に関することまでご相談ください。
WEBマーケティングのノウハウを生かして、お客様のお悩みを解決します。